商品先物情報

商取フォーラム – 商品先物取引(CX)の情報サイト

商取フォーラムは、商品先物取引(CX)やコモディティ、CFD等の金融に関する有益な情報を発信しています。

岡藤商事=「GOLD価格予想キャンペーンVol.2」を実施


 岡藤商事(小崎隆司社長)は、同社のインターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」にて、「GOLD価格予想キャンペーンVol.2」を実施している。

 

 キャンペーンは、2月21日(金)15時30分までの開催期間中に、東京金2014年12月限の2014年2月28日の終値を予想するというもの。開催期間中は予想価格の変更はいつでも可能で、変更する際は再度申込みボタンから参加登録を行い、最後に申し込んだ価格が有効となる。同値で予想した人が複数いた場合は、参加登録が早かった人が優先されるため、なるべく早く申し込むことで当選確率が上がる。なお、的中者が不在の場合は最も予想価格が近い人が当選となる。

 

 第2回目となる今回のキャンペーンには、著名な講師も予想に参戦しする。参加講師は、スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏、フリーアナウンサーの大橋ひろこ氏、ADVANCE代表取締役の田代岳(YEN蔵)氏、よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表の松本英毅氏、岡藤商事アナリストの郷右近要氏の5名。

 

 参加資格は、2つのコースに分かれる。Aコースは、エキスパートに口座のある顧客のみ参加が可能で、Bコースは誰でも参加できる。

 

 キャンペーンの賞金と賞品は、Aコースが、1位=50,000円、2位=40,000円、3位=20,000円となっている。Bコースは、1位=10,000円分の商品券のほか、TOCOM特別賞としてUSBメモリ等が5名にプレゼントされる。

 

 当選者は3月上旬にホームページおよび取引画面にて発表される。なお、口座のある人はAコースでの参加となりBコースの参加登録はできない。また、Bコースに登録し、期間中に口座開設をした人は、再登録することでAコースに変更が可能となっている。

 

 「GOLD価格予想キャンペーンVol.2」の詳細はこちら

 

  岡藤商事株式会社

 

 

日本ユニコム=タブレット端末専用アプリ「インフォ・ユニコムTAB」 を提供


 日本ユニコム(青山秀世社長)は1月22日、タブレット端末専用の商品先物情報配信アプリケーション「インフォ・ユニコムTAB」 の提供を開始した。

 

 「インフォ・ユニコムTAB」は、タブレットの特性を最大限に活かし、相場表、チャート、ニュース、口座照会、 発注画面などを一つの画面で同時に3つまで表示することができる。また、同社独自の情報コンテンツや著名アナリストのレポートが閲覧できるだけでなく、SNSを利用した情報配信サービスなどのメニューも兼ね備えた高機能商品先物取引システムとなる。

 

 同サービスでの機能は、価格情報として先限一覧、全限月一覧、10本気配値の表示ができる。テクニカルチャートは、ティック・1分・5分・60分・日・週・月足が表示、およびテクニカル指標は20種類を表示できる。このほか、時事通信社とオーバルネクスト社のニュース配信、取引口座照会、注文結果照会、建玉一覧、売買履歴照会、売買発注が利用できる。

 

 このほか同アプリケーションは、社員用にアレンジした営業支援システムとしても利用する。これにより、これまで会社に電話で問い合わせていた個々の顧客の口座照会や売買シミュレーションについて、場所を問わず瞬時に対応することが可能となり、より高度でスピーディーな提案型営業を実現する。

 

 なお、「インフォ・ユニコムTAB」は、同社で対面取引口座を開設している顧客のみ利用できる。対応端末は、Android OS4・0以上、画面サイズ10・1インチ、画面解像度1280×800以上に対応しており、対応端末がない場合でも、利用を希望する顧客には端末を無料貸出する。

 

「インフォ・ユニコムTAB」 の詳細はこちら

 

 

 

EVOLUTION JAPAN=商品先物リアルマネー選手権「EVOCX CXP」を開催


evocx EVOLUTION JAPAN(前エース交易)は、2014年1月6日(月)から2014年3月31日(月)15時30分まで、商品先物リアルマネー選手権「EVOCX CXP」を開催する。

 

 1月6日から3月31日までの3ヶ月間で顧客同士が収益率ランキング1位を目指して競うというもの。

 

 またコンテストにはコモディティーオンラインTVののスタッフがEVOCXの口座を開設し、実際のトレード内容を週一回コモディティーオンラインTVサイト内で動画配信される。初回放送は20日(金)12:30から。
EVOLUTION JAPAN=商品先物リアルマネー選手権「EVOCX CXP」を開催の続きを読む »»

エース交易が平成25年12月3日付で「EVOLUTION JAPAN」に社名変更


 エース交易(ジョン・フー会長兼社長)とその子会社のアルバース証券(田原弘之社長)、ビバーチェ・キャピタル・マネジメント(上野猛社長)の3社は11月8日、平成25年12月3日付でそれぞれの社名を下記のように改称することを発表した。

 

 エース交易は「EVOLUTION JAPAN」に、アルバース証券は「EVOLUTION JAPAN証券」に、ビバーチェ・キャピタル・マネジメントは「EVOLUTION JAPANアセットマネジメント」へと改称される。なお、エース交易のオンライントレードサービス「エースCXオンライン」も「EVOCX」に呼称が変更される。

 

 改称されるグループ名であるEVOLUTION FINANCIAL GROUP(エボリューションフィナンシャルグループ)は、2002年にマイケル・ラーチ氏によって創業されたグローバル企業で、東京、香港、ロンドン、ロサンゼルスなど世界7カ国で約20社の企業群を有している。グループ全体での企業価値は500億円を突破しているとのことだ。

 

 現エース交易グループは今後、EVOLUTION FINANCIAL GROUPとして日本国内における新たな体制を整え、EVOグループとしての発展とビジネスの拡大に尽力することとなる。

 

【書籍紹介】めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った『商品先物取引』入門


 商品デリバティブ投資研究会はこのほど、商品先物取引の入門用の書籍「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った『商品先物取引』入門~金もプラチナもガソリンも砂糖もコメもトウモロコシもゴムも面白い!」をダイヤモンド社より刊行した。

【書籍紹介】めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った『商品先物取引』入門の続きを読む »»

1 2 3 23
スポンサードリンク
カテゴリー
オススメレポート
コモディティーインテリジェンス
QR Code