商品先物情報

商取フォーラム | 商品先物取引(CX)の情報サイト

商取フォーラムは、商品先物取引(CX)やコモディティ、CFD等の金融に関する有益な情報を発信しています。

東穀農産物指数の見直し


 東京穀物商品取引所は8月25日、同取引所が発表している東穀農産物指数(TG Index)の構成銘柄、算出要領および構成比率について見直すことを発表した。9月1日から適用される。

 構成銘柄の見直しについては、現行の構成銘柄のうち、「Non-GMO大豆(東穀)」、「ロブスタコーヒー生豆(東穀)」、「コメ(CME グループ)」、「小麦(CME グループ)」を除外する。これに変わり、今月8日に上場された東穀取市場のコメ(米穀)を追加する。

 構成比率に見直しについては、とうもろこし(東穀)=30.00パーセント、一般大豆(東穀)=22.75%、小豆(東穀)=2.37%、コメ(東穀)=30.00%、アラビカコーヒー生豆(東穀)=9.47%、粗糖(東穀)=5.41%の6銘柄で構成される。

 構成比率の決定方法については、一構成銘柄当たりの構成比率に上限(30%)を設ける。

東穀農産物指数の構成銘柄・比率見直しについて=東穀取(PDF)

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

カテゴリー
オススメレポート
コモディティーインテリジェンス